東京で暮らした―い!!|田舎者が東京に出てきた結果

おのぼりさんのための東京予習ガイド

 

高級賃貸マンションの中には、タワーマンションがあります。首都圏などの都心部には、駅の近くなどに、必ずと言っていいほどタワー型のマンションが軒を連ねています。何十階にも及ぶ高層マンションです。

 

悠々とそびえたっているその姿はとてもかっこよくて、タワーマンションの賃貸物件に惹かれてしまうという方もたくさんいらっしゃることでしょう。
エントランスはカードキーなどを完備していて、厳重な警戒がされていたりして、タレントさんや、起業して成功しているような有名な方などが住んでいる場合も多いです。セキュリティ設備も万全にしてあるのは大変ありがたいことなのではないでしょうか。エントランスホールもとても広くて、ホテルの受付のような重厚感漂うようなところもあります。

 

賃貸物件にもいろいろなものがありますが、やはり高級なタワーマンションは、一度は住んでみたい、憧れると言われるマンションですね。
月々の家賃も十万円代と言うところが多いですから、やはりそれなりの安定した収入が見込める方が入居している場合がほとんどです。

 

審査をする場合にも、この物件に見合った収入のある人物であるかと言うことがポイントになりますから、アルバイト生活などであまり収入がないのに契約しようとしても、審査の段階で落とされてしまうという結果になりますから、あまりにも無謀だと思える申し込みは最初からしない方が賢明です。月々の家賃うんぬんよりもまず、審査に通るかどうかというところが大変なのです。

 

東京に引っ越すって言ったって、身寄りがないんじゃないか?

 

 

賃貸物件の入居審査の場合、連帯保証人は誰にしたらいいのかと言うことで悩まれる方も多いのではないでしょうか。借主本人に十分な収入があり、家賃を滞納しないというお墨付きがもらえればよいのですが、借主が無職だったり、働き口はあっても十分な収入があると判断してもらえない職種であったりすると、やはり連帯保証人で審査が通過できるか決まるという場合もあります。連帯保証人を誰にしておけば審査に通るのでしょうか。

 

誰にしておけばよい、という言い方はできませんが、審査に通りやすい連帯保証人の例としては、親族が挙げられます。なぜ親族かと言うと、友人や知人などの、血の繋がっていない他人などを連帯保証人とした場合、万が一の場合、責任から免れようとして姿をくらましてしまうという可能性があるからです。不動産会社によっては、連帯保証人は親族でしか受け付けないとしているところもあるようです。

 

また、当然ですが連帯保証人の職業、収入面もチェックされます。もしもの場合、連帯保証人の方に払ってもらわなくてはいけなくなりますので、借主さんに安定した収入があるとういうことが審査の中でも、特に重要な事項となります。

 

そして、近年、保証人になってくれる人がいなくて、誰にも頼めないという人が増えているようです。保証人がいない場合、保証をしてくれる会社に、お金を払って依頼するという方法もありますが、やはり親族などに依頼するのが本筋です。"